あいつら、絶対ヤったでしょ

あいつら、絶対ヤったでしょの漫画無料立ち読み情報

 

あいつら、絶対ヤったでしょの漫画無料立ち読み情報

 

 

あいつら、絶対ヤったでしょの漫画がコミックフェスタで無料立ち読みできます。
今すぐ読んでみたい人は以下よりコミックフェスタへ!

 

>>コミックフェスタ
(※あいつらで漫画検索すると簡単に見つかりますよ)

 

 

あいつら、絶対ヤったでしょの1話ネタバレ

 

私は高校一年生。

 

高校に入学して、二週間たったが、いまだに友達ができない。

 

 

 

みんなは楽しそうにしているし、私だって友達が欲しいのだけど。

 

 

 

私が、友達を作れないのには、理由がある。

 

 

 

中学のときに、大事件が起こったのだが、それがいまだに影響を及ぼしている。

 

 

 

 

いまも近くの女子たちが、ちらちら私を見ながら話している。

 

 

 

「・・・ねえ、なんか変なうわさ聞いたんだけど」

 

 

 

女子たちが集まってきた。

 

 

「河合さんってさ、中学で黒木君となにかあったってほんと?」

 

 

 

「たしかにね、あの二人、全然しゃべんないしね」

 

 

 

そんなふうに話は大きくなって、どんどん信憑性が増してくるのだ。だから私のあのことに関しての会話が耳に入ると、私はびくっとしちゃう。

 

 

 

あのこと、とは・・・本当に、ただのアクシデントだったのだけど・・・

 

 

 

中学のころ、同級生だった黒木君と二人で、更衣室に閉じ込められたことがあった。

 

気づいたら彼と二人きりで、黒木君もあわてていた。

 

 

 

「ここ外からしか開け閉めできないから・・・河合さん、スマホ持ってる?」

 

 

「教室です・・・」

 

「おれは電池切れなんだ」

 

 

 

私たちは本当に困ってしまった。

 

 

 

「だれか来るまで待とう」

 

黒木君はそういって、私の隣に座ってくれた。

 

 

 

狭いいすに、彼と二人。私の心臓はバクバクと音を立てて、ものすっごく緊張していた。

 

しかたなく黒木君と、そのまま一晩一緒に過ごすことになった。

 

 

 

でも一晩たつと、状況は一変。

 

 

 

 

私たちが二人で一夜を越したことを、朝練に来た部員に見られてしまったのだ!!

 

 

その話はたちまちみんなに広まった。

 

 

「ぜったい、ヤったでしょ」

 

 

「おとなしい顔してるくせに、よくやるよね」

 

悪いうわさが、一瞬で広まってしまった・・・

 

 

 

私はそのうわさがずっと気になってしまって、周りとうまく打ち解けられなって・・・

 

 

 

高校では、うわさもなくなると思っていたのだけど、よりによって黒木君と同じクラスになってしまった。
そして、席は隣同士なのだ!

 

 

私が教科書を忘れたら、黒木君がスマートに貸してくれて、私はまた、心臓がばくばくしてしまった。

 

 

 

続きは本編でどうぞ♪

 

 

>>コミックフェスタ
(※あいつらで漫画検索すると簡単に見つかりますよ)

 

 

あいつら、絶対ヤったでしょを読んでみた感想

 

アクシデントとはいえ、男子と一夜をともにしてしまった主人公!!

 

 

これはめっちゃ胸が高鳴るハプニングですよね〜

 

もともとそんなに意識してない男子だったとしても、狭い更衣室で一緒に寝たら、そのあとは自然に接しられなくなっちゃいそう(#^.^#)

 

 

 

そして、周りからはちょっと怪訝な顔で見られたり、また嫉妬されたり・・・

 

 

なんか、女子との付き合いがしづらくなっちゃうと、ますます恋愛に気持ちが動いたりするんですよね。

 

 

そして、中学のときと、周りのメンバーは変わっているのに、高校になっても黒木君と同じクラス!!

 

その上、なんと席が隣になったとか・・・

 

 

びっくりしちゃう上に、めちゃくちゃドキドキしますよね〜〜

 

これは何かが絶対起こる予感♪

 

 

 

期待しかない展開ですよね!!

 

だってもしかしたら、最初に更衣室に閉じ込められたのだって、黒木君がわざとやったのかもしれないし!

 

 

どんなラブストーリーにハッテンしていくのか、わくわくしちゃいます!!

 

さわやかな胸キュンラブストーリーが好きな人は必見ですよ。

 

 

>>コミックフェスタ
(※あいつらで漫画検索すると簡単に見つかりますよ)

 

 

あいつら、絶対ヤったでしょを読んでみた感想